団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

生きていけない

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


「○○が居ないと生きていけない」

そんな風に思ったことはありませんでした


2006年3月8日 
16時15分に

嵐丸を産むまでは





あれから10年

こんなわたしでも10年も母親をやってこれた


こんな奇蹟は
産まれてくれたのが
嵐丸だったからです

多分他の子ではダメでした




嵐丸のおかけでわたしは
絶対的に「孤独」にはならない
人間になれたのです

これって
人生においてどんなに強みか

産んだ人にはきっとわかる
ある意味、卑怯といっても過言じゃない

それくらいなのです
母にとって子供という存在は


(だから時々歪んだ家庭も出来てしまう…
…のだと、わたしは思う)






わたしは嵐丸の

目が好き
鼻も好き
口も好き
わたしに似ちゃった狭いおでこも好き

食べてもなかなか大きくならないからだも好き
お友達からきのこと呼ばれちゃう髪形も好き
声も好き

母ちゃん母ちゃんと甘えてくれるのも好き
握り返してくれる力のいれ加減も好き

かだつけが出来ないのはイライラするけど好き
ゆってもゆっても汚い字が直らないのも好き

せっかく自分で捕ったドッジボールの玉を
お友達に譲ってあげる優しいとこも好き

上手下手は別にして
コーチから課せられたトレーニングは
ツラくても手を抜かないとこも好き

有吉ゼミに影響されて
1日だけお掃除マニアになったとこも好き

学校での出来事を聞きたいのに
いつもそらされてマインクラフトの話ばっかりしてるのも
なんだか切ないけど好き


先日学校で「10歳の会」っていうイベントがあって
サプライズでお母さんからお子さんへお手紙を、っていう計らいがあって

つらつらと10年の思いの丈を書いたら
それ読んで教室でわんわん泣いてくれた
純粋で綺麗な心で育ってくれたところも好き




切りがないね

わたし
嵐丸が居ないと生きていけない






2006年3月8日 
16時15分

死んだほうがマシな苦痛から
解放された時間





へたれなわたしは本気で本気で
誰か殺してくれと思った

だけど
殺されなくてよかったね




今、親としてまっとうな生き方が出来てるか
…うん。多分出来てない

そんなわたしだから、尚更
綺麗事じゃなくて

嵐丸が産まれてきてくれて
どれだけ幸せだったか
どれだけ救われてきたか

これからもずっと
伝えていかなくちゃと思うのです


 



誕生日おめでとう嵐丸

わたしがもらった幸せのぶんだけ

いやそれ以上

たくさんたくさん幸せになぁれ





































書き初め

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback

これは数年我が家の居間に飾ってあるもの




いったい何がどうなって
このシュールな作品が生まれたのか




これは嵐丸が年長さんのときに

「今年いちばん頑張りたいこと」というお題のもと
幼稚園で書いてきたもの



これがまだ園に貼り出されていたとき
見に行きましたら

サッカー習ってる子は「さっかー」
スイミング習ってる子は「くろーる」

「ごんぎょう」なんてのもありましたね
おそらく創○学会員のお子さんなのでしょう



で当時嵐丸には
なんにも習わせてなかったのです

英才教育なんてのが珍しくもなんともないなか
なんでも早期にやらしたほうがいい
親としてはそんなことも思ったりしたけど


なんだろうね
うーん
当時は「たくさん遊びんしゃい」と思ったんだろうね


とにかくそんななんで
嵐丸、何書いていいかわかんなかったのだと思うのです

聞いてないけど、たぶん泣いたんじゃないかと(笑)



で、その書初めの翌翌週に控えている
園児が包丁使って調理する「サンドウイッチ作り」という行事

これを頑張る、と書いたようです

もしくは困った先生が進めたのかもしれない


なので「さんどいっち」
シュールな掛け軸の出来上がり





なんというか
その時の嵐丸の葛藤とか、可愛さとか
なにかやらせてあげたほうがよかったのかなぁという反省とか
なんというか


自戒を込めてじゃないけど
ずっと飾ってあります




今日が終われば明日がやってくるけど
昨日はやってこないんだなぁ

あたりまえだけどね、だから♪
(スキャンダルなどどうでもいいが、ちっとびっくりした今朝ww)




さて、お習字も
四年生の宿題ともなるとこんなかんじ




お習字はねー
仕方ないよねー

だってもう鉛筆もペンもある時代だものー




嵐丸が書き終わったので、お遊びで筆をとってみました
何年ぶりだろう…20年以上は確実(笑)

嵐丸が「今年の目標を漢字二文字で」というので
迷わず



ははは
なかなかじゃん??
練習してないよ(笑)



昔はクラスで1~2位を争うほどの
汚い字だったけど

大人になれば知識と感覚だけで
なんとかここまで書けるんね




だけどちょっとおかしい



「身」って漢字

間違えた



わはは



脳みそは四年生より衰えてるみたい(笑)


自戒を込めて居間に飾っておきます






おまけでこちらも(笑)







【LIVE information】更新!!

★1月10日(日)
はまれん総会vol. 3
元住吉power 2
http://www.powersbar.com/powers2/
open17:30/start18:00
charge/1000+ご飲食代

今年のはまれんレディースバンド
テーマは「ダンスナンバー」
正月早々うたおうおどろう♪


★1月30日(土)
新規企画「銀幕MCオーケストラ」
新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm
open17~/start17:30~/play 20:45~
charge:2000+1d

映画主題歌挿入歌ばっかり50分!
あなたの思い出の一曲(一本)に会いに来てください♪


★2月14日(日)
らぴ☆フェス2016
「稲葉さと志」
@真昼の月 夜の太陽
http://mahiru-yoru.com/index.html
open17:00/start17:30
charge/1500円+1d

B'zのカバーバンド
コーラスで参加させていただきます♪

子役嵐丸

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


うちの嵐丸くん
9歳


あたまの良さも運動能力も並程度ですが
並のこどもには出来ない特技があります


それは
「嘘泣き」

うわーん、とかいうレベルではなくて


たとえばわたしが冗談で
「あほ丸~」とか云うと

「あほ丸はひどい~~~」とかって嘘泣きをはじめ

そうすると、泣いてる自分に感情移入するのかなんなのか
涙がぽろぽろぽろぽろ

は???てレベルで泣くのです



はじめはめんどくさい男だなぁとかって
思ってたのだけど
よくよく考えたらこれって
なかなかすごい特技なのかも


子役で「はるかぜちゃん」ていましたよね
春名風花ちゃん、だっけ?
嘘泣きが上手い子


泣くだけなら嵐丸のほうが上手いです



なので時々思っちゃう
もう一回こどもモデルやらせてみようかしら

なーんて




昔のバイト仲間が
モデル事務所のマネージャーになりまして
彼に少しの間お世話になったのです


でも当時はあんまり向いてなかった




これは事務所からの仕事ではなくて
読モの写真なんだけど


赤ちゃんのときは
泣かなければよかった


でも幼稚園生くらいになってくると
ちゃんと「タレント/モデル」としての自覚がないと
ぜんぜん仕事はもらえない



なにかのオーディションに行ったとき
親は面接の会場には入れないんだけど
隣室で声だけ聞こえてきたときがあって

嵐丸の前の子が

「○○といいます
わたしの特技は犬の鳴きごえです
ワンワンワン
以上です
よろしくお願いします」

と、名前だけ聞かれたのに
ここまでやるのを聞いて


うちは当然
なんにも仕込んでないわけで
自己アピールどころか
自己紹介も出来るかどうかってレベル


嵐丸どうするんだろうと思ったら



「らんまるです
よろしくおねがいします」





なんだか泣けてしまいましてね

嵐丸のつたなさに、ではなくてね



会場から出てきたときに
抱きしめたのを覚えています




これ以降は
オーディションにも行かなくなり

静かにタレント登録期間を終了しました




よくよく考えたらこの頃は
芦田愛菜ちゃん全盛期で

うちのように「よい思い出に~」くらいの気持ちでは
ちゃんちゃら甘い世界なのでした




それでも嵐丸

わたしが音楽関係でいただいたギャラよりも
倍以上は稼ぎました(笑)


あはは
わたし、がんばろ・・・






オーディションや撮影会場でのことを
嵐丸はほとんど覚えてないだろうなと
思っていたのだけど

いくつかはちゃんと覚えてるようで
楽しかった、と云います


よい思い出にはなったみたい




特技の嘘泣きがどこかで活かせる日は来るかしら

あは

たぶん来ないです(笑)












【LIVE information】

★12月26日(土)
「ウーロンproject」
弁天紅白歌合戦
新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm

★1月10日(日)
はまれん総会vol. 3
元住吉power 2
http://www.powersbar.com/powers2/

★1月30日(土)
新規企画「銀幕MCオーケストラ」
新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm
open17~/start17:30~/play 20:45~
charge:2000+1d







お母さんのせいきゅうしょ

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


嵐丸が通う小学校には
「学校を開く週間」というのがあって

授業参観日とは別に
保護者が自由に授業中の様子を
見に来れる期間があります


先週はそれで2日ほど
我が子の授業風景をみて参りました





その中で道徳の授業があって



懐かしいですよねー
道徳ってどんな授業したか
わたし、はっきりゆって覚えてないww
(だからこんな大人になっちまったんだな(笑))




その日の教材になったお話
「お母さんのせいきゅうしょ」


えっと
ざっと内容をお伝えしますと


だいすけくんがある日思い立って
お母さんに請求書を出すわけです

おつかい、100円
おそうじ、100円
休まず塾に行った、200円

でお母さんは黙って
その金額を机に置いておくわけです
「だいすけへのせいきゅうしょ」と一緒に

やさしくしてあげた、0円
びょうきのかんびょう、0円
服や靴やおもちゃ、0円
食事、部屋、0円

それをみて、だいすけは心を入れ替えて
ぼくなんでもお手伝いするよ!と決意表明する
という内容でした





それで「だいすけへのせいきゅう書」を
見たときの
だいすけの気持ちを考えましょう、というのが

この授業のポイントなわけです




この発表は挙手ではなくて
発言した子が次の発言者を指名するという
なかなかいいシステムで進められ

自分で挙手することない嵐丸が
お友達から指名をもらって発表

その内容
一言一句間違えず覚えてます

「お母さんはやさしい
僕はおねだりしたのに
お母さんはおねだりしてない」





なんかね

4年生ともなるとちょっと賢い子とかもいて
なんてゆうのか
理論的に話す子もいるなか

嵐丸は
素直でかわいいなぁと思ってしまいました(笑)




嵐丸はそれこそ
勉強は微妙だし
率先して発言するタイプでもないし


でも
こうゆう道徳の授業をしたときに

気取らない
まっすぐな気持ちでいれるのが
嵐丸の一番いいところ



母さんちょっとうるっと来ちゃったよね(笑)


勉強なんか出来なくてもいいよ
優しい子になってくれたらいいよ







しかしこの授業
親がいる前でやらないほうが
よかったんじゃなかろうか(笑)



だってね

この道徳の授業のあと
「母ちゃん~早く帰って~」だってさ(笑)

もちろん照れなんだろうけど

「あれ??ついさっき
お母さんに優しくしようって授業やってなかった???」

とかついつい言っちゃったよね(笑)


その後もなんかわがまま言われると

「うーん、いいよ~ただし晩御飯100円ね~」
とかって返したくなっちゃう(笑)

あはは(笑)




この授業見てた保護者、
たしか3,4人はいたと思う

その後お子さんがどうなったか聞いてみたいです



わたし的にはこの授業を知らないまま
なんとなく普段より優しい嵐丸に会いたかったなぁ

なーんて思ってしまうww


先生もなんでわざわざ
学校を開く週間にこれやるんかね(笑)









【LIVE information】

★11月22日(日)
「ウーロンproject」
in 川口SHOCKON
http://www.shock-on.jp/
open 13:00/start 13:30

★11月28日(土)
「la noche anterior 」
in 新中野弁天(Pin's Bar#23)
http://www.benten55.com/top.htm
open 17:00/start 17:30

★12月5日(土)
「スキンヘッドハンターズ」
in 新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm

★12月26日(土)
弁天紅白歌合戦
新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm

★1月10日(日)
はまれん総会vol. 3
元住吉power 2
http://www.powersbar.com/powers2/

★1月30日(土)
新規企画「映画主題歌band(仮)」
新中野弁天
http://www.benten55.com/top.htm

詳細はミナコまでお問い合わせください☆






嵐丸がおとなになる日

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


今夜のアメトーークで
「サンタさんはお母さんだよね」ってくだりがあって


いやもうそれはそうなんだけど、
うちの子4年生でまだまだ疑う余地無しの
純粋くんなのね


であと5時間もしたら早起きしてきて
前日の録画番組を観だすのね

アメトーークも毎週楽しみにしてるから
消したら消したで相当怒ると思うのね



毎年うちは枕元じゃなくて
屋上にプレゼント置いて

ちゃんと
サンタさんソリで来たね感を演出してる

これで
「煙突ないのにどうやって」
って疑問も払拭


きっちりやってきた
ぬかりなくやってきた




のに


あと5時間もしたら


あー



アメトーークのあほーーーー💢






解決策も見つからないので
寝ます




明日は
嵐丸がおとなになる日





美しかったひと

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


えっとまぁ…
なんて失礼なタイトル…


違うのですよ
正しくは、いまでも十分美しい

だけど若かりし頃はもっともっと
鬼のように美しかったに違いない


そんなある女性との出会いの話




っていうのも
昨日の記事、「渡良瀬川」の続き


急遽思い立って祖父の故郷へ訪れたのだけど 
当初は家が残ってるのかも分からず

なんとなーく
昔何度か訪れた街並みなどが
なつかしく見れればいい

それ位の気持ちで
叔父も母も来たのです



それが
祖父の住んでいた家は
朽ちる寸前でも残っており

その隣に年の離れた弟さん夫妻が住んでいて

 
叔父と母にしてみたら
「叔父さん叔母さん」と
何十年ぶりかの再開を果たせたのです


終始シクシクしてる母を見てると
こちらまで感動的になりました




このご夫婦がまた素敵なお人柄で



ご主人は定年されるまでは
登山のガイドをされていたとかで

人当たりよく、気配りもお話しも上手




そして奥さま


わたし、玄関でひざまづいてご挨拶いただいたの

ちょっといい旅館の女将をのぞくと
初めてのことでした 



決して裕福なお家がらってわけでもないのですが
きっと

お招きするときはこうって
染み付いていらっしゃる



お家のなかにお邪魔してからも
奥さまはずっと隅っこで
おざぶもないところで 

サービス精神旺盛にお話ししてくれる
ご主人の話や
こちらの話を

うんうんと聞いてくださる



わたしなんか
失礼と知りながらも
裸足でお邪魔してしまうという…

お邪魔する予定はなかったとはいえ…



そして



そろそろおいとまさせていただく前に
もう、これだけの人数が揃うこともないだろうし

記念の写真を一枚

撮らせていただいたのです


 
ところが、その
きっともう二度と一緒に撮ることは
出来ないんじゃないかっていう

奇跡の一枚と言っても過言ではない撮影なのに



その奥さま、カズさんてゆうんだけど

一緒に写って貰えなかったの




なんどもなんどもお願いしたんだけど

「ごめんなさい!わたし美しくないから!
写真はほんとに!ごめんなさい!」 






居間に、登山家のご主人とお子さんと
どこかの山に登られた記念の一枚が飾ってあって

見たんだけど

カズさんすごく美人でした



だからこそなのかわからないけど

ご自身に孫が出来たり
こうして姪っこ(母)にも孫が出来るようなお年になられてから

誰かのなにかの記録媒体に
自分の残像が残ることが嫌なのでしょう




それがいいとか、悪いとかではなくて

なんかね

素敵だなぁと思ったの



カズさんはきっと
いまでも女性なんですね
たぶんこれからもずっと



その奥ゆかしさ
わたしはきっと真似できないけど

素敵だなぁと思ってしまいました




軒先で撮った集合写真

ここには載せないですけどね

カズさんはいないけど
不思議とカズさんのお姿ばかり思い出す


美しかったひと


 

またお会いしたいと思いました

社交辞令ではなく


また渡良瀬橋を渡ってね










渡良瀬橋

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


あなたが好きだと言ったこの街並みが
今日も暮れてゆきます
広い空と遠くの山々 二人で歩いた街
夕日がきれいな街



これは森高千里さんの
「渡良瀬橋」の一節


森高千里さんを音楽人として
リスペクトしたことがないわたしは
失礼ながら

車中でこの看板が見えたとき



流れてきたメロディーは
ほほなでーるー、しおーかぜー♪

でした(笑)


YouTubeで曲聴いたら全然違うじゃないの!!

それは「夏の日」って曲でした。アハハ

川から潮風はないよねぇ~(笑)




8月1日
その「渡良瀬橋」を知らぬまに渡り
渡良瀬川河川敷で開催される
「足利花火大会」を見てきました



これは急遽思い立った旅行で



なんとこの町
母方の祖父の故郷だったそうな


祖父と言っても
わたしが成人する直前までずっと同居していた祖母とは
娘である母が子供の頃に離婚してたし

その後海上の事故で亡くなっているので


当然会ったこともないし
写真もない


船乗りで傲慢で
祖母は苦労したって話くらいしか聞いてない




しかし母や母の兄弟にとっては
父親なわけで





母の兄が糖尿で
もう片目が見えないそうで

両目とも見えなくなる前に

幼いころ何度か訪れた父の故郷の
花火大会を見たい
父の墓参りをしたい


って希望から
それならみんなで行こうって

叔父、母、父、姉1、姉2、姪、旦那、嵐丸、わたし

合計9人でぞろぞろと

祖父の故郷へ訪れたのでした




花火大会は関東最大の二万発ってうたってるだけあって
見ごたえは十分でした




えてして、写真にすると残念な花火(笑)






花火大会の翌日は
祖父の家と、そこに隣接して建てられた
祖父の弟さんの御自宅へ


実は叔父も母も
その家の場所すらうろ覚えで

前日、わたしと旦那と姉1で
花火大会の場所とりをしてる間に

叔父と母と姉2で
地図を片手に記憶をたよりに
探し回ったあげく
みつかって


その弟さんと涙ながらに再会したんだって

その弟さんがご存命なのも知らなかったの

奥さまもいらして
「みっちゃんでしょ?」って覚えててもらって

母はいちにちシクシクしてました



それであらためて翌日みんなで訪れて
近くにある墓地でお線香あげました




急な身内の訪問に
弟さん夫妻も喜んでくださり


なんていうか

素敵な血のつながりに感謝したいちにちでした




祖父は天国でどんなふうに思ったでしょうね





森高千里さんを音楽人として
リスペクトしたことがなかったわたしですが

祖父の故郷にはじめて降りて

なんだか不思議な感謝の気持ちが降りてきました


祖父の育った町を
歌にしてくれてありがとう



いつかライブで唄わせてもらおうかしら

なんて思った
調子のいい、夏の日(笑)




渡良瀬橋と夕日



往年の光GENJI

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


小4の息子の夏休みの宿題一覧

国語問題20㌻
算数問題32㌻
読書ポスター作成
音楽の教科書ドレミ書き 
自由研究
漢字練習
日記(出来れば毎日)
音読(出来れば毎日)
リコーダー練習(出来れば毎日)



あのぅ

ちっと多すぎやしませんか…




これに加え

横浜市が募集する読書感想文や工作等の
コンクール出品も任意でどうぞ!!と
若干どや顔なプリントまで配付。


いやいやいやいや


こんなん
余程意欲のある子供か
余程親がキビシイ子供か
余程自己顕示欲の強い子供じゃないと

無理だっつーの!!



少なくとも嵐丸くんには無理でーーす





ただでさえ今の小学生は多忙です。
うちを例に出しますと

7:30登校
8:00学校着
15:30下校(月曜以外6時間授業)
16:00帰宅

18:00夕食
19:00入浴
20:00睡眠

宿題は毎日
日記、
音読、
国語か算数のなんか(プリントとか)



唯一5時間授業の月曜日は
帰宅したらすぐスイミングスクール
(生死に関わるので平泳ぎ習得までは強制的に習わせる)

水曜夜は隔週でお囃子のお稽古
(伝統芸能かつ太鼓が好きなので習わせる)

土日は朝から晩まで野球三昧
(泣く母を振り払い自分で決めた道。笑)



なので
火、水、木、金の
放課後一時間程度しか
自由に遊ぶ時間がありません。



もうこれは
往年の光GENJIばりの忙しさ。

ちっとかわいそうです。


学校まで30分という悪立地に住んでることは
ほんと、親として反省\(__)



なので夏休みくらい
「宿題やんなさーーーい💢」は
控えたいのですけどね。

こうも多いとそうもいかない。





自分が小学生だった頃って
毎週土曜日授業があったかわりに
宿題はこんなに多くなかったし

なにより、頭の良くない子はたくさんいた!!!!(笑)



それが
いまの子って
みーんな普通にあたまがいいので


宿題多いよ~ってゆってる
うちとか
ちょっと焦る(笑)


でも
だってね
学歴よりも大切なこと、たくさんあるじゃん





そんなゆるい親だけど

英語だけはそろそろ本格的に習わせたい!!


だってこの先
日本がどんな国になるかわからないから

どこの国にでも生きていけるように
嵐丸だけでもね




わたしもいま
Be動詞から復習ちう

あたま固いから全然吸収できないわ💦💦






嵐丸くん
きみはわたしよりあたまいいはずだから

がんばろうね


まずは宿題の消化から!!!!



明日も宿題漬けのいちにちになりそうです

















つらい3年、楽しい3ヶ月

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


父が余命宣告を受けた後
退院して数週間



ついに煙草をやめました



一日二箱は吸うヘビースモーカーで
ぜんそく予備軍の嵐丸がいる前でも
スパスパしていた父が、です  


人間て変われるのですね



とはいえやはり、治療方針のほうは
まだ決めかねているようで




自由のきかない、好きなことの出来ないつらい三年と

自由で好きなことの出来る楽しい三ヶ月




わたしもあれから毎日考えます

自分ならどうするか





わたしはこの一年くらいで
すっかりお酒の量が増えまして

今、断酒しろって言われたら
「おい音痴唄うなブス」って言われるくらいツライ






だけどね



あっ




おもうのです





だめだわ
まだ







今年の暮れで37歳になります

いろんな経験させてもらえた
好きなことたくさん出来た半生です


「ライブハウス武道館にようこそ~!!」は
云えてないけどね(笑)
(そんなキャラでもないからいいけど(笑))




なのでわたしの時間はいいのだけど




そうです

嵐丸





嵐丸がどんな青年になって
どんな職について
どんな恋をするか

知らないと、やだ



わたしが死んでも嵐丸は成長するし
わたしより料理が上手くて優しい義母に恵まれて
いまより幸せに暮らせるかもしれない

なのでそこはあんま心配してないのだけど





大人の嵐丸に会えないのは、やだ
大人の嵐丸と話せないのは、やだ

完全に自分のエゴ(笑)



見ず知らずの人間に育てられるのも
やっぱりやだ(笑)







だからいまなら

楽しい3ヶ月より
つらい3年を

選ぶ
かもしれない


少しでも長く、と
思うかもしれない


 



健康で
いたいなと
思うこの頃

まずは休肝日からかしら 






最近お知り合いのかたで
親御さんの訃報や病気の再発など
立て続けに聞いています

子育てと介護を両立している友達もいます




誰にも必ず訪れる
試練とタイムリミットが

静かに自分のところへもやってきました


そうゆう時期に突入したのだなと
あらためて思います





悔いのない時間を過ごせますように


あなたも

わたしも






雨の日の見舞い

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


父親
今年62歳

好きなもの
酒、タバコ、ギャンブル、女、演歌


完全オレ様思考
謝らない、折れない、譲らない
言いたいこと言って寝て、翌日覚えてないタイプ

バブルの頃の金の使い方を忘れられないので
家計はいつも火の車

愛人が出来た喜びを家族にも伝えちゃう
よく言えば計算出来ない
子供のような大人




そんな父親とは当然
会えばいつも喧嘩になってました。

家族の中でも特に
ザッツA型の母とわたしは
ザッツB型の父の破天荒ぶりを
生理的にうけつけられなかったというか


まぁもう
母は苦労の毎日だし

わたしはわたしで
帰省する度に喧嘩喧嘩。
父が出張でいないとそれはもうラッキー帰省。





今日
その父の見舞いに行って来ました。

天候は、雨。






10年以上前から医者に言われ続けていた糖尿病

それが今年になって見事に合併症を引き起こし

なにもしなければ余命3ヶ月と言われました。




糖尿病ってのは怖いですね。
言い渡されても合併症になるまでは
なんの症状もない

なのでわかってはいても
生活習慣を変えられないのです。


家族がなにを言っても
酒、タバコ、それに油っこい食生活を止めない十数年


当然と言えば当然の報いなのです。





パート終わりの母を迎えに行った後
向かった病室で

父は思いのほか元気でした。

余命宣告された日には落ち込んでいたそうですが
なにかふっきれたのか、あっけらかんとしてました。



数日前の検査で
脇腹から管を入れてなんたらしたのがかなりの痛みで
麻酔が効かなかったのかそうゆうものなのか

とりあえずかなり体にこたえたようで

医者から提案された
あまり回復の見込みのない手術も
1日おきにしなくてはならない人工透析も

もうなにもしたくない、とのこと。



味の薄い病院食も
無機質な病室も
もう嫌だと。


酒飲んでタバコ吸ってうまいもの食べたいと。





帰りの車中、母はなかば涙声で言いました。

「なにもしなければ3ヶ月。
なのになんにもしたくないって、我が儘ばっかり!!
みなちゃん、どうしたらいいの…」



その時、
なんだろう、夫婦ってすごいなと思いました。

酒だの女だの
あれだけ苦労してる母なのに…


40数年寄り添ったら
どんなに憎たらしい男だろうと
家族になるのですね。



わたしはこう返しました。

「今はなにもない病室で、なんの楽しみもないのだろうけど
退院して家にある自分の物や写真や
いつもの風景に囲まれたら
考え変わるかもしれないし


ごめん母さん、わたし父さんの言うことわかる気がする」  
 


禁酒禁煙、減塩食
仕事出来ないので当然禁ギャンブル
2日に一度の動けない治療(透析)

好きなことの出来ない3年なら


わたしなら
楽しくて仕方ない3ヶ月を選ぶ…

かもしれない…





今回は10日ほどの検査入院で
ほどなく退院します。



破天荒な性格は幼少期から培われたものなのでしょうが

21歳で姉が産まれ
それから4人の父親になった父には

わたしなどには知りえもしない苦労があったはずで


残された時間は
父が幸せに暮らせるよう
恩を返して大事に過ごそう




って

って





顔合わせたら
やっぱり喧嘩しちゃいそうだけど(笑)