団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

人生の教科書

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


映画、小説、ゲーム、漫画
ひととおりのサブカルチャーはどれも大好きですが

なんでもかんでも手を出すわけではないのです。



映画はホラーとファンタジーはほとんど観ないし
(サラサラでもドロドロでも人間くさいものが好き)

小説も無差別に読むのは東野圭吾だけ。
(他には義母からのお勧めだけ。間違いないので)

ゲームもほぼロープレと無双オンリー。 



特に漫画(アニメも)は「これ!!」ってものしか
読まないし観ません。
ましてや買いません。


映画にも当たり外れはもちろんあるけど
外れても2時間ですむじゃないですか。

性格上読み始めたら終わりまで読みたいので
それがつまんなくても40巻とかあったら
もう最強に時間のムダですよね。

なのでうちにあるのは
ONE PEACE(尾田栄一郎著)と
NANA(矢沢あい著)と
三国志(横山光輝著)だけ。



そこにこのたび追加で大人買い(中古だけどww)しちゃったのが

井上雄彦先生の「リアル」



 


スラムダンクが一億部とか発行してるわりに
あんまりメジャーではないのかしら(不定期連載だから?)

なのにこれ
ほんと良くできた漫画です。




事故で女の子を下半身不随にさせてしまってから
なにもかもうまくいかなくなった男子と

有望なスプリンターだったが病気により足を切断し、車椅子バスケに目覚めて奮闘する男子と

容姿、成績、運動神経全て秀でていたが、事故により下半身不随になる男子の

三人の主人公が


何度も何度も絶望の縁に立たされながらも
前に前に進んでいくストーリーで


もうね、毎回泣けるのです。


それでそのたびに元気をもらいます。

あれしきでめげてる自分あほか、と。
もっとがんばんなさいよ、と。



「ONE PEACE」が社会の教科書なら
「リアル」は人生の教科書です。




井上雄彦先生は人間の内面を描きかたが
本当に素晴らしい漫画家さんだと思うのだけど
本作は特に、家族の繋がりがものすごく
それこそリアルに描かれていて

なんだろう、言葉にならないいろんな感情が
ぶわーっとこころを満たしていきます。




これは数年前にお友だちが貸してくれて読んで知って
あーこれ嵐丸にも読ませなきゃと思って
 
マンガとかわかる歳になってきたので買いました。



同時に実家に置いておいた「スラムダンク」
これも読まそうと思って持ち帰ってきて
嵐丸はいまそちらを読んでゲラゲラしてます
(初期のスラムダンクてわりとギャグ要素が強いのですね)


スラムダンク…
一巻が1991年てなってる…

嘘でしょ
24年前…orz



しかも性格上途中で止めるの嫌とかゆっておきながら
これの購読、17巻で止まっていました(笑)

「よりによってスラダンを途中で止めるやつの気がしれない」と
よく言われます(笑)



いやー、
こればっかりはなんでかなぁ…と思ってたのだけど

みると17巻て、1994年。

記憶が正しければこの年、高校一年生とかで
生まれてはじめての彼氏が出来た年です。


そりゃ恋愛モードになったら
新刊の発売日とか忘れちゃうよねー。アハハ


って
21年前の自分に自己嫌悪orz


当時「リアル」を読んでたら
毎日もっと色々がんばれたかも知れないなぁ…ナンテ





今なにかに頑張ってるひと
頑張る元気がないひと
毎日がつらいひと
希望が見出だせないひと

よかったら「リアル」読んでみてください。
お勧めです。


















生まれてはじめて

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


うまれ~て~は~じめ~て~♪

こんな~の~は~じめ~て~❤



って思えることがあるアラフォーて
シアワセだなとおもうのですよ。

もう美味しいものたくさん食べ過ぎて
そこそこのものじゃ感動出来ないひとも
多いとおもうのです(わたしは違うけど)




さてアラフォーミナコさんの生まれてはじめて❤

お笑いライブ観てきましたん❤






この日は嵐丸の運動会の代休で
どこ行こうかってなって

嵐丸が最近お笑いに目覚めてるので
平日ひるまだと安いし

いっかい生ライブ観たいねーーって
思いたってのことでした。




いやーー
とにかく楽しかったです♪

お笑い大好きなのに
なんで今まで行かなかったのかしら💦💦





しかも品川庄司の漫才の途中、
震度4の地震。
ルミネTHEよしもとは七階なので揺れました。

頭上で照明ぶらんぶらんでかなり怖かったけど
品庄が「気分のすぐれないかたいませんか~」とかって心配してくれる
不思議な体験も出来ました。


よーく考えたら
2000円でプロの芸人の生ライブが観れるって
かなりお得ですよね。

また来よって思いました!!





わたしは36にして初生お笑い
だったけど

嵐丸にしたら9歳で初なわけです。




わたしが歌をやりだしたのって
社会人になってから
お友だちにオールディズのライブハウスに
連れていってもらったのがきっかけなんですね。


当時オールディズなんてそんなに耳に馴染みもなかったのに

生演奏のクオリティの高さや
ステージの華やかさや
オールディズ好きのお客さんの湧きようや


なんというか
すごい衝撃だったのですね。


それから何回か通ううちに
なんとなくクラブシンガーを目指すようになったわけです。

(しかしそこからクラブシンガーとは真逆な
メジャーデビューを目指すようになり
出来もしない曲書きなどに目覚めたり
紆余曲折、遠回りもはなはだしいなか
嵐丸を身籠り現在に至る)




つまりなにが言いたいかというと



人間なにがきっかけで
なにを志すようになるかって
わからないですよね。


なので9歳で初生お笑いを目の当たりにした嵐丸が
もしかしたら芸人目指しちゃうかも知れないし

 
わたしがもしオールディズのライブハウスより先に
お笑い生ライブを観ていたら


今ごろ芸人になっていたかもしれないです。



人生、ご縁とタイミングなんですねー。





ご縁といえば
ルミネTHEよしもとの物販売り場で目にした
こちらの生写真



ノンスタ井上
気持ち悪いを突き抜けていてむしろ気持ちいい(笑)




嵐丸がいつかこうなったら…


ちょっとやだな(笑)






JAM

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


時代は裏切りも悲しみも 全てを僕にくれる
眠れずに叫ぶように からだは熱くなるばかり

過ちを犯す男の子 涙化粧の女の子

Good Night 数えきれぬ罪を越えて
Good Night 僕らは強く美しく

あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね




THE YELLOW MONKEYの「JAM」の一節です
名曲ですね
ここのところ頭の中で延々と繰り返されます




川崎に続き横浜でも
悲しい事件が起きてしまいました

たくさんの大人が、子供が、
おどろき、とまどい、傷付いています


でもきっと、本当に大変になるのは
もっともっと時間が経過した後
世間が忘れてしまった後も





事件当日、スイミング終わりの嵐丸の手を引いて帰る途中
野次馬帰りの初老の女性に会いました

そのかたは二、三言事件について語り

最後に嵐丸を見ながら
「やっぱりね、キレちゃう子に育てちゃだめよね」
とひとこと放って去られました




それはそれでそのとおりだとは思う

でも
イラっとしました

キレちゃう子に育てようとして育てる親なんか
どこもいません



たいていの親なら子供はたからものなんです



でも
自分が正しいと思うことを出来ない家庭環境だったりで
悩んだり苦しんでる親はたくさんいます


兄弟の有無、家族構成にもよるし
お友達とのおつきあいで急に変わってしまう子供もいます

先生によるイジメで、大人になっても消えない傷を
抱えてる知人もいます




ちょっと前に
「生活がかかってない仕事や趣味で自己顕示欲を満たす暇があるなら
子供にちゃんと手をかけてやれよバカ親が!!」とキレまくりの
子育て無経験者によるブログを読みました

「だから最近子供の犯罪が多いじゃんか!!」と



その辺わたしなんかには耳の痛い話ではありますが

それもいちがいに正しいと云えないと思うのです


なぜならある年、嵐丸のクラスで学級崩壊を目の当たりにしましたが
(時効かな?と思うので語ってしまうけど)

崩壊させている子供の半数は
どちらかというと「加干渉」な家庭のお子さんだったからです
勉強出来て、しつけもしっかり、優等生



仕事にいきいきしてるお母さんをみて
子供も感化されるところもあるだろうし

趣味を一緒に楽しめる家庭もある



楽しく過ごせているか
さみしくさせてないか
厳しくしすぎてないか
逃げ道はあるか

大切なことは
仕事だの趣味だのしつけだのじゃなくて
別問題だと思うのです

子育ては難しいのです
 


なので話を戻すと

わたしを含め 
どの家庭のことも
なにも知らないひとが
好き勝手語るのは間違いです




それから

なにも知らないひとが
いたずらにネットで住所や名前を晒すとか

なんなの、ほんと

そいつらこそが悪魔だとおもう




 
そんな悪魔に嵐丸がならないように

勉強が出来なくてもいい
チームの三振王でもいい(ダメかな?)

ひとの痛みが分かってあげられる子に
なってもらわないといけないです




遺されたご家族にお悔やみ申し上げます










2度目のY1 Jazz Night

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


戸塚駅西口徒歩2分の場所にある
「restaurant&bar Y1」で
毎月第3日曜日に開催されるJazzセッション



昨夜音楽仲間のミックさんととんちゃんと
参加してきました♪



前回はla noche anterior(自分のバンド)で
20分ほどお時間いただいてバンド演奏させてもらいましたが
今回はセッションで

Take five
Moon river
Lovin you (とんちゃんのハモり) 

を唄わせていただきました♪




写真はミックさん(B)ととんちゃん(vo)




とっても楽しかったし刺激的☆
毎回勉強になります☆



オーナーのロイさん
ハコバンのみなさん
おきゃくさま

素敵なお時間をありがとうございました~(о´∀`о)

 




6月はライブの予定もないので
来月のセッションも来る気満々だったのですが
イベントでお休みだそうで。残念。

どなたかjazzセッションやってるいいお店知ってたら
教えてくださいな~(о´∀`о)




東芝LED照明10年カレンダー

Posted by minakichi1205 on   1 comments   0 trackback


泣きたいほどショックなことがありました。


細かいことの説明は省きますが
うちの嵐丸くん
ご縁あってこちらの広告に出演していました。

http://matome.naver.jp/m/odai/2136535189669198101



あんまり我が子自慢するのもねぇ…と
あんまり広言しないでいました。いままで。
もうだいぶ時効なので載せてしまいます。




撮影はおぼろげなのですが
2010年の春だったか
2011年の震災前だったか

なんでも嵐丸が年中の頃です。



通常、お仕事をいただくと
「アガリ」といって
雑誌なら雑誌、カタログならカタログを
いただけるのですが

これは特殊な媒体の広告で
もらうことが出来ませんでした。


都内の駅構内で張り出されたと聞いて
行ってみれば
すでに張り出し期間終了で見れず。




こんなふうに展示されていたのも
ネットで後で知ったこと。
結局現物を見れていません。

東芝にメールで問い合わせもしました。
展示会があるなら教えていただきたいと。

でも、返信はありませんでした。





うーん。仕方ないです。
ネットで静止画が公開されているので
これを暇なときスクリーンショットで取り込もう…

って思って思って…


ついつい先伸ばし




そして今日
そのサイトを開きましたら

なんと終了していました( ̄□ ̄;)!!ガーン



こうゆうサイトって
永遠だと思ってたのに…






これ、CMでご覧になったかたいますかね…
東芝なのでサザエさんの合間に流れてたりして


結構感動的なCMで


これの先駆け的に出した広告版(静止画版)の
長男の幼児期役で、嵐丸くん、いたのです。



全部シルエットなのですけど
現場にはシルエットならではの苦悩があって

嵐丸も浴衣を着せてもらって
へこおびが分かる角度にしたりとか
かき氷をうまく食べてる角度にしたりとか

お掃除のお手伝いをしてるシーンとか
クリスマスの飾りつけをしてるシーンとか


余談ですけど
わたしもちこっと写ったりしたのですよ(笑)



とにかくとっても素敵で
とっても刺激的な現場に
いさせてもらえたのです。



その記念が、
手元になーんもない。
シクシクシクシク(;_;)


  
もじもじ嵐丸がおおきくなって
グレだしたりしたときに
見せてやりたかったな~ 




やらなきゃいけないことは
先伸ばしにしないで
やらなきゃいけないと思ったときに
やらなきゃいけない


っていう教訓でした。

痛く染みました(T^T)