団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

ONE PIECEを教科書に載せたい

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback

先月なかば、年内最後のライブを終えて
心身共にゆとりが出来まして

いま嵐丸(息子8歳)と一緒に
漫画「ONE PIECE」を読み返しています。


1巻から初めて、いま61巻。
頂上決戦が終わって「3D2Y」のとこ。

読んでるかたなら分かりますよね~
傷付いたルフィを今度は自分たちが力をつけて助けるんだ!!って
仲間たちが奮起するとこ。

もう鼻水かまずにはページがめくれません。





先日アメトーークで「ドラクエ芸人」てやってまして。
わたしドラクエも大好きなもんで、
そんなんカレーライスかドラクエか、みたいな感覚でいたんだけど

観覧のお客さんの認知度(というかやったことあるかないか)が
2割程度だったことに衝撃を受けてしまいました。

そうかそれなら
ONE PIECEも知ってるけど読んでないひと
たくさんいるんだろうなぁと思いまして

ちょっとここから先は
読んでないかたへの魅力紹介といたします。
読んでるかたには釈迦に説法ですもんねw



そんなどこから目線じゃい!!なわたしも
連載が始まってアニメ化した頃は
存在は知ってたものの
とても読む気にはなってませんでした。

あれでしょ?キン肉マン的な漫画でしょ?
って言って、読め読めうるさい彼氏を返り討ちにしてましたで。
(キン肉マン好きさんごめんなさいねw)


それがたまたまついてたアニメを観たら
海賊が自らの足を失ってまで
子供のコックを助けるという回想シーンで

あれ?どうもよくある少年漫画とは違うなと。


それからはアニメは観なかったけど
漫画をごっそり大人買いして
すっかり原作のファンになりました。



でもわたしの先入観も実はそう間違ってはなくて

全身ゴムのゴム人間だの
七変化するしゃべるトナカイだの
巨人だの小人だの

登場人物はキン肉マンもびっくりな超人ばっかりだし

燃えてる島だの
空に浮かぶ島だの
海底にある島だの(もうそれ島じゃなくねー?)

映画化は無理だろうなってゆう(いや絶対にしてくれるな💢)
ファンタジー1000%な舞台。


なんだけども

そのファンタジーを通して作者が伝えたい内容は

戦争の悲惨さであったり
権力の理不尽さであったり

格差社会
民俗紛争
人種差別
奴隷制度
人身売買
大量破壊兵器と抑止力

などなどなどなど…

人間の闇そのものが描かれています。





不要で汚れたものを排除する国の、ゴミ山で暮らす人々や
先祖代々守ってきた土地を
理不尽に奪われる人々が描かれてる少年漫画なんて
他に読んだことありません。

みんな地球上のどこかで実際に起きていること。






その中に、少年誌特有の
仲間や家族を大切にする心
あきらめないことの大切さ
信念を曲げないことの大変さ

たくさんのメッセージが込められているので
大人も子供も心打たれてしまいます。







もう、ひとコマみてるだけでも泣けちゃうもんね。



いまや息子にも読ませて、
完全にわたしのバイブルになってるわけですけども
このONE PIECE、冗談抜きで
社会の教科書に載せてもいいんじゃないかと
思うのです。

特に歴史。

縄文時代に何時間もかけて、
明治維新以降の一番大事な近代国家の部分を足早に進める授業や
都合の良くない事実は無掲載してるような教科書なら

ONE PIECE読んでるほうがよっぽど
今後の日本が間違いを起こさないための勉強にはなります。

こうゆう欲にこうゆう権力があると戦争が起きる、とか
どうして核を持ちたがるのか、とかね。





いまの最新刊は、75巻でしたかな。
数だけみるとすごいけど、面白いので次々読めてしまいます。
しかもまだまだ解決してない伏線がたくさんあって
いつ終わるのーと心配になります。
(いや終わって欲しくないけどー!!)


縁起でもないこと言ってしまうと
作者の尾田栄一郎先生になにかあって
打ち止めにでもなったりしたら

あぁ、このままわたしも
モヤモヤしたままいつか死ぬのか、と
灰人のようになりかねない。

尾田栄一朗先生
いつまでも健康でいてくださいまし!!

そして叶うならばいつかお会いしたい(笑)





さぁ、あなたもわたしも冒険の海へ!!

……は出られないかわりに

週末選挙に行って、悪い政党を倒そうぜww








関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://minakichi1205.blog.fc2.com/tb.php/40-b4cf24bb