団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

こんな歌詞だったのテネシーワルツww

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback

日本語以外の歌を唄うときはかならず、
なんとなくでも日本語訳を理解してから唄うようにしています。

じゃないとやっぱり
どんな気持ちになればいいのかわかんないですから。


なので逆をゆうと
唄わない歌はどんな歌詞か知らないことが
多々たたたたたたあります。



それで唄おうってなって調べたら
びっくりな内容の歌って多いです。

そのひとつがこれ




誰もがいちどは聴いたことのある
「テネシーワルツ」

よくある普通の愛のうたかと思ったら
なんとも不道徳な歌詞で、ちっと笑ってしまいました。



I was dancin' with my darlin'
To the Tennessee Waltz
When an old friend I happened to see
Introduced her to my loved one
And while they were dancin'
My friend stole my sweetheart from me  

彼とダンスをしていた
テネシーワルツに合わせて
昔の友達に偶然出会って
彼女を彼に紹介したら
ダンスの間にとられちゃった





びっくりなのがこの歌
売れすぎてテネシー州の州歌にもなってるんですよね。

日本でゆうなら「さざんかの宿」が
大川栄策の出身、福岡県の県歌になるようなもんです。
 
嫌すぎるーーーー‼‼





まぁこれは曲が美しいのでよしとしよう!!
(どこ目線だい)




ところで「テネシーワルツ」に出てくる
「テネシーワルツ」とは
どんな曲なのでしょうね。

おどっちゃうくらいだから
ちゃんとした曲なんだろうけど

調べても「テネシーワルツ」が有名すぎて
もとの「テネシーワルツ」が出てきません。


なんかもう
ニワトリが先かタマゴが先か
みたいな世界。

売れるってすごいこと。





関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://minakichi1205.blog.fc2.com/tb.php/64-3d5cd6fa