団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

JAM

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


時代は裏切りも悲しみも 全てを僕にくれる
眠れずに叫ぶように からだは熱くなるばかり

過ちを犯す男の子 涙化粧の女の子

Good Night 数えきれぬ罪を越えて
Good Night 僕らは強く美しく

あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね




THE YELLOW MONKEYの「JAM」の一節です
名曲ですね
ここのところ頭の中で延々と繰り返されます




川崎に続き横浜でも
悲しい事件が起きてしまいました

たくさんの大人が、子供が、
おどろき、とまどい、傷付いています


でもきっと、本当に大変になるのは
もっともっと時間が経過した後
世間が忘れてしまった後も





事件当日、スイミング終わりの嵐丸の手を引いて帰る途中
野次馬帰りの初老の女性に会いました

そのかたは二、三言事件について語り

最後に嵐丸を見ながら
「やっぱりね、キレちゃう子に育てちゃだめよね」
とひとこと放って去られました




それはそれでそのとおりだとは思う

でも
イラっとしました

キレちゃう子に育てようとして育てる親なんか
どこもいません



たいていの親なら子供はたからものなんです



でも
自分が正しいと思うことを出来ない家庭環境だったりで
悩んだり苦しんでる親はたくさんいます


兄弟の有無、家族構成にもよるし
お友達とのおつきあいで急に変わってしまう子供もいます

先生によるイジメで、大人になっても消えない傷を
抱えてる知人もいます




ちょっと前に
「生活がかかってない仕事や趣味で自己顕示欲を満たす暇があるなら
子供にちゃんと手をかけてやれよバカ親が!!」とキレまくりの
子育て無経験者によるブログを読みました

「だから最近子供の犯罪が多いじゃんか!!」と



その辺わたしなんかには耳の痛い話ではありますが

それもいちがいに正しいと云えないと思うのです


なぜならある年、嵐丸のクラスで学級崩壊を目の当たりにしましたが
(時効かな?と思うので語ってしまうけど)

崩壊させている子供の半数は
どちらかというと「加干渉」な家庭のお子さんだったからです
勉強出来て、しつけもしっかり、優等生



仕事にいきいきしてるお母さんをみて
子供も感化されるところもあるだろうし

趣味を一緒に楽しめる家庭もある



楽しく過ごせているか
さみしくさせてないか
厳しくしすぎてないか
逃げ道はあるか

大切なことは
仕事だの趣味だのしつけだのじゃなくて
別問題だと思うのです

子育ては難しいのです
 


なので話を戻すと

わたしを含め 
どの家庭のことも
なにも知らないひとが
好き勝手語るのは間違いです




それから

なにも知らないひとが
いたずらにネットで住所や名前を晒すとか

なんなの、ほんと

そいつらこそが悪魔だとおもう




 
そんな悪魔に嵐丸がならないように

勉強が出来なくてもいい
チームの三振王でもいい(ダメかな?)

ひとの痛みが分かってあげられる子に
なってもらわないといけないです




遺されたご家族にお悔やみ申し上げます










関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://minakichi1205.blog.fc2.com/tb.php/69-e3e6bef0