団地妻でもフロントマン♪♪

息子がいるから唄うんだwママシンガー(時々ソングライター)ミナコのブログです (団地には住んでません)

美しかったひと

Posted by minakichi1205 on   0 comments   0 trackback


えっとまぁ…
なんて失礼なタイトル…


違うのですよ
正しくは、いまでも十分美しい

だけど若かりし頃はもっともっと
鬼のように美しかったに違いない


そんなある女性との出会いの話




っていうのも
昨日の記事、「渡良瀬川」の続き


急遽思い立って祖父の故郷へ訪れたのだけど 
当初は家が残ってるのかも分からず

なんとなーく
昔何度か訪れた街並みなどが
なつかしく見れればいい

それ位の気持ちで
叔父も母も来たのです



それが
祖父の住んでいた家は
朽ちる寸前でも残っており

その隣に年の離れた弟さん夫妻が住んでいて

 
叔父と母にしてみたら
「叔父さん叔母さん」と
何十年ぶりかの再開を果たせたのです


終始シクシクしてる母を見てると
こちらまで感動的になりました




このご夫婦がまた素敵なお人柄で



ご主人は定年されるまでは
登山のガイドをされていたとかで

人当たりよく、気配りもお話しも上手




そして奥さま


わたし、玄関でひざまづいてご挨拶いただいたの

ちょっといい旅館の女将をのぞくと
初めてのことでした 



決して裕福なお家がらってわけでもないのですが
きっと

お招きするときはこうって
染み付いていらっしゃる



お家のなかにお邪魔してからも
奥さまはずっと隅っこで
おざぶもないところで 

サービス精神旺盛にお話ししてくれる
ご主人の話や
こちらの話を

うんうんと聞いてくださる



わたしなんか
失礼と知りながらも
裸足でお邪魔してしまうという…

お邪魔する予定はなかったとはいえ…



そして



そろそろおいとまさせていただく前に
もう、これだけの人数が揃うこともないだろうし

記念の写真を一枚

撮らせていただいたのです


 
ところが、その
きっともう二度と一緒に撮ることは
出来ないんじゃないかっていう

奇跡の一枚と言っても過言ではない撮影なのに



その奥さま、カズさんてゆうんだけど

一緒に写って貰えなかったの




なんどもなんどもお願いしたんだけど

「ごめんなさい!わたし美しくないから!
写真はほんとに!ごめんなさい!」 






居間に、登山家のご主人とお子さんと
どこかの山に登られた記念の一枚が飾ってあって

見たんだけど

カズさんすごく美人でした



だからこそなのかわからないけど

ご自身に孫が出来たり
こうして姪っこ(母)にも孫が出来るようなお年になられてから

誰かのなにかの記録媒体に
自分の残像が残ることが嫌なのでしょう




それがいいとか、悪いとかではなくて

なんかね

素敵だなぁと思ったの



カズさんはきっと
いまでも女性なんですね
たぶんこれからもずっと



その奥ゆかしさ
わたしはきっと真似できないけど

素敵だなぁと思ってしまいました




軒先で撮った集合写真

ここには載せないですけどね

カズさんはいないけど
不思議とカズさんのお姿ばかり思い出す


美しかったひと


 

またお会いしたいと思いました

社交辞令ではなく


また渡良瀬橋を渡ってね










関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://minakichi1205.blog.fc2.com/tb.php/83-92370b59